誰もが持っている特殊能力

はじめまして。
社会人1年目の新米WEBデザイナー、若松と申します。
クリエイターに限ったことではありませんが、日々の業務を通して知らず知らずのうちに身についた基礎知識が特殊能力になっていうことありますよね。

 

例えば、デザインやコーディングに関わる人ならば「#ff0000」という文字列を見ると赤色を思い浮かべるのではないかと思います。
「#ff0000」は色の表現法であるRGBを6桁の16進数で表すと赤色にあたり、知っている人からするとなんてことはない見慣れた文字列ですが、知らない人からすると「何の暗号か?」と意味が分からない人も多いのではないでしょうか。

クリエイターの特殊能力を測れるサイトをご紹介

本記事では、このようなクリエイターの特殊能力について、自分のスキルレベルを測ることができるサイトを【色彩編】【タイポグラフィ編】【ソフトウェアスキル編】【WEB編】の4編に分け、独自に難易度を5段階で評価してご紹介します。

ベテランの方は長年のスキル・知識試しに、若手の方はスキルの勉強に、ぜひチャレンジしてみてください!

 

【色彩編】“絶対色感”を身に付けろ!色を見分けるスキルを試せるサイト

色彩編 ① color (Method of Action)     難易度 ★★☆☆☆

色彩感覚のスキルを試せるゲームです。
HUE、SATURATION、COMPLEMENTARY、ANALOGOUS、TRIADIC、TETORADICの6パターンについて、色相環の正しい色を選択するというものです。最後には点数で正確の度合いを評価してくれます。

 

色彩編 ② Color Run     難易度 ★☆☆☆☆

明度の違いを見極めるスキルを試せるゲームです。
明度がわずかに異なる2色について、明るい方をクリックしていきます。タイムバーがあるので急いで正解をクリックし続けなければなりません。

 

色彩編  ファンズワース・マンセル100ヒューテスト     難易度 ★☆☆☆☆

色彩感覚を評価するファンズワース・マンセル100ヒューテストです。
ファンズワース・マンセル100ヒューテストは、長年にわたり色を扱う業界や視覚に関する分野で行われてきました。色相順にカラーキャップを並び替える作業により、色彩感覚が評価されます。このファンズワース・マンセル100ヒューテストがサイトにて気軽に行えます。

 

色彩編  WHAT THE HEX?     難易度 ★★★☆☆

RGBのカラーコードから色を推定するゲームです。
難易度に応じて選択肢を増やすことができ、最大48択に挑戦が可能です!これを極めると「絶対色感」が身につくかもしれませんね。

 

色彩編  RGB CHALLENGE     難易度 ★★★☆☆

こちらもRGBのカラーコードから色を推定するゲームです。
連続正解すると点数がたまっていくので、対戦したりすると面白そうですね。

 

色彩編  Brandseen     難易度 ★★★★★

普段誰もが見たことがあるブランドロゴについて、正しい色を思い出して当てるというゲームです。
これが意外と難しく、人の記憶力は曖昧だなと思い知らされます。

 

【タイポグラフィ編】目指せフォントの達人!フォントのスキルを鍛えるサイト

タイポグラフィ編  KERNTYPE     難易度 ★★★☆☆

文字をカーニングし、どれだけ正しい位置に合わせられるかを点数で評価してくれるゲームです。
基本的なカーニングスキルを試すことができます。全部で10問あり、最後に10問通しての平均点が表示されます。

 

タイポグラフィ編  typewar     難易度 ★★★★☆

表示された欧文フォントの書体名を当てるゲームです。
先に進むにあたって書体の種類が増えていくので、わずかな違いを見極めるスキルが求められます。

 

タイポグラフィ編  フォント検定     難易度 ★★★★★

表示された和文フォントの書体名を当てるゲームです。
ランキングモードとトレーニングモードの2つのモードがあり、ランキングモードでは連続正解数を競い、トレーニングモードでは間違いによらずひたすら連続して問題に挑戦できます。なかなかマニアックな書体も多く出てくるので、非常に多種にわたって和文フォントを記憶しておく能力が求められます。

 

【ソフトウェアスキル編】ベジェ曲線をマスターせよ。曲線感覚を鍛えるサイト

ソフトウェアスキル編  The Bézier Game     難易度 ★★☆☆☆

ベジェ曲線の書き方を練習できるサイトです。
PhotoshopやIllustratorでパスを書くときに用いるベジェ曲線をゲーム感覚で練習できます。無駄なアンカーポイントを減らし正確にベジェ曲線を操るスキルが求められます。

 

ソフトウェアスキル編  SHAPE TYPE     難易度 ★★★☆☆

こちらもベジェ曲線の書き方を練習できるサイトです。
ベジェ曲線を用いてフォントの一部の曲線を再現することで曲線感覚が試せます。
何よりもこのコンテンツをやっていると、フォントの曲線の美しさやデザインの緻密さに心打たれます。フォントデザイナーって素敵!

 

【WEB編】人間定規!ピクセル感覚を試せるサイト

ソフトウェアスキル編  what px?     難易度 ★★☆☆☆

ピクセル感覚を試せるゲームです。
表示される黒いエリアの横幅が何pxかを当てます。webサイトをデザインする上で欠かせないピクセル感覚を鍛えることができます。

 

ソフトウェアスキル編  Pixact.ly     難易度 ★★★☆☆

こちらもピクセル感覚を試せるゲームです。
縦幅と横幅のピクセル数が指定され、その指定されたピクセルのボックスを画面上に作成し、その正確性を評価するサイトです。

 

ソフトウェアスキル編  Draw a Square     難易度 ★★★☆☆

こちらもピクセル感覚を試せるゲームです。
縦幅と横幅のピクセル数が指定され、その指定されたピクセルのボックスを画面上に作成することで、その正確性を評価します。

【コーディング編】

コーディング編 ELEMENTS QUIZ     難易度 ★★★☆☆

HTML5の109のエレメント名を5分の制限時間内でいくつ入力できるかを試すゲームです。
WEB業界に携わる以上プログラミングの知識は必要なので、これを用いて勉強しましょう。とはいえ、社内のコーダーは「109個全部使わないから必要なものだけで十分だ!」と言っていますが。笑

みなさんいかがでしたでしょうか?

私は回数を重ねることで多くのサイトでより高いスコアが出せるようになってきましたが、完璧なスキルを習得するにはまだまだ訓練が必要なようです。

最近ではこのようにWEBコンテンツを用いてインプットのみならず同時にアウトプットもできる環境が整ってきていますので、お金をかけずにいつでもどこでも質の高い勉強ができるのは嬉しいですね。

このようなサイトを用いて、みなさん基礎スキルをどんどんパワーアップしていきましょう!