Jelly CMSとは?

企業のWebサイトは、単に情報を見た目よく公開するだけでなく、消費者との関係を強化するためのマーケティングツールとしての役割を果たすようになってきています。Jelly CMSは、このような企業サイトの役割の変化に対応するために、IMJのWebサイト制作・運用の豊富なノウハウを集約して開発されたCMSです。

世の中にはオープンソース・商用ともに星の数ほどのCMSが既に存在します。そのような状況でなぜ新しくCMSを開発する必要があったのでしょうか? 既存のCMSで十分なのではないでしょうか? 読者の皆さんが当然抱くであろう、これらの疑問に答え、Jelly CMSの概要を理解していただくことが本稿の目的です。連載の初回である今回は、Jelly CMSの開発の動機となった背景を解説します。

オープンソースCMSの限界

CMSと聞いてまず思い浮かぶのは、Word PressやMovable TypeのようなオープンソースのCMSでしょう。広く普及しているこれらのCMSを導入することで、技術的な知識の無い人でも簡単にWebサイトを更新できるようになります。最初はそれで十分なように思われますが、すぐに限界がやって来ます。問題は大きく分けて2つあります。

1つめの問題は、運用に必要な機能の欠如です。
コンテンツを公開する前に、決められたワークフローにのっとった承認プロセスを通したい、本番環境にコンテンツを公開する前にテスト環境で確認したい、といった基本的な機能が、広く普及しているオープンソースのCMSにはデフォルトでは備わっていません。

2つめの問題は編集の自由度の低さです。
Word PressやMovable Typeは基本的にブログを運用するためのCMSなので、コンテンツの基本的な単位は「記事」です。ニュースリリースのようなブログに近しい形のコンテンツを更新するのは簡単ですが、それ以外の形式のコンテンツの編集は得意ではなく、その都度専用のプラグインを開発する必要があります。

商用CMSの難しさ

これらの限界を超えるために商用CMSを導入したとしても、必ずしも問題が解決するとは限らないのが難しいところです。

IMJでの商用CMSを利用したWebサイト構築経験の中でも、カタログスペックとしては大丈夫そうに見えても、蓋をあけると、運用性にも編集の自由度にもどこか欠けたところがある、というケースが多々ありました。

結局のところ、どんなに高機能なCMSでもデフォルトの状態でサイトのニーズを完全に満たすことはほとんどなく、必ずカスタマイズが必要です。ここで発生する問題がベンダーロックインの問題です。

商用CMSはオープンソースのCMSよりも開発に対応できるベンダーが少ないため、特定のベンダーにロックインされる可能性が高くなります。なにか新しいことをやろうとするとすぐカスタマイズが発生する、その際の費用も高いし、スピード感も足りないという不満は私たちがヒアリングさせていただくお客さまからよく聞こえてきます。

Jelly CMSの開発動機

これら既存CMSの問題点をIMJの豊富な経験から得られた知見を集約して乗り越え、加速していくPDCAサイクルに十分耐えうる製品を作りたい、ということがJelly CMS開発の動機です。次回以降、Jelly CMSの具体的な特徴について解説していきたいと思います。

関連情報