みなさん、参加するセッションはもう決まりましたか?

テキサス州オースティンで開催されるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)。読者のみなさんの中にも参加に向けて、今まさに情報収集や準備をされている方も少なくないのでは。
SXSW期間中はオースティンの街全体がお祭り騒ぎ!連日、多くのセッションやイベントが開催されます。充実した視察にするためには、事前の情報収集と準備が必須です。
毎年参加している編集部員が、SXSWの準備のコツをご紹介します!

ホテルは高いし予約でいっぱい。Airbnbを使いましょう。

会場近くのホテルはすでに予約でいっぱい、取れたとしても期間中は通常の3倍~4倍はします。5万人が訪れるとあって、宿泊先を確保するだけでも一苦労です。
そこで、活躍するのが、ご存知Airbnb

現地の人が部屋を提供する宿泊サービス
Airbnb

英語でのやりとりは必要ですが、ホテルに比べてかなり安く会場近くの宿を確保できることがあります。

Airbnbのおかげで私達は会場から徒歩20分圏内に素敵なアパートを確保することができました。
会場近くの宿が取れると、バスの時間等も気にせず朝も夜も目一杯SXSWを楽しむことができます。

事前の準備が超大事!セッション選び

何はともあれ、どのセッションに参加するかを決めましょう。
充実したSXSWにするためには、「事前の準備が全て」といっても過言ではないと思います。

皆さんSXSWの公式サイト公式アプリのスケジュールを見て予定を立てられていると思います。

▲SXSW公式サイト

▲SXSW公式アプリ

 

ここで注意なのが「英語がそこまで得意でない」。そんな方は「Sessions」の「Solo」というラベルの付いたセッションを選びましょう

「Solo」=1人でプレゼンするタイプのセッションなので、複数人でリアルタイムに会話を繰り広げるものと違い、作りこんだプレゼン資料をもとに話すケースが多く、目と耳で理解することができます。「Dual」は2人、「Panel」は複数人でパネルディスカッションをするセッションです。

 

それでも沢山のセッションから選ぶのは大変…ですよね?

毎年参加している編集部メンバーが、2017年SXSWの要チェックセッションをピックアップした、こちらの記事を参考にセッション選びをしてみてください。

とにかく気になったセッションはお気に入り登録を!

参加者が多いセッション等は、当日会場へ行っても入れないことがあったり、「あれ?このセッション思ってたのと違う?」ということもしばしばあるので、同じ時間で被っても良いので、目に止まったセッションは、お気に入りしておくようにしましょう。
その場で急遽予定変更→別のセッションに参加等、リカバリが可能です。

 

併せて各セッションの会場もチェックしておくとなお良しです。
セッション会場はオースティンの街の中に転々としてるので、別のセッションに行くのもそれなりに時間がかかります。
そういった意味では、同じ会場のセッションを複数お気に入りしておくと効率的かもしれません。

会場間の移動はレンタサイクルがおすすめ!

「さて、次のセッションへ。」と移動するにも場所によっては徒歩だと10分から街の端から端までだと30分以上と時間がかかります。
SXSW公式の無料シャトルバスもありますが、機動力アップにはレンタサイクルがおすすめです。

レンタサイクル
B-Cycle

オースティンの街に約50カ所のスタンドがあり、スタンドからスタンドへ30分以内の利用であれば基本料金以上は課金されません。

 

B-Cycleのアプリでスタンドの場所と、各スタンドのAvailable Bikes、Available Docksの数が常にわかるので、どこで乗って、どこで降りるという計画も立てやすくなっています。
クレジットカードがあれば基本的には利用可能なサービスですが、日本のクレジットカードはセキュリティが高いのか、私達の時は個別に問い合わせが必要でした。

また、自分で漕ぐのは疲れるーという人には、Pedicabもおすすめ。ただし値段交渉が必要なため、英語に自信のない方はご注意を!

 

少し離れた郊外への移動には、ライドシェアタクシーがおすすめです。

ライドシェア(乗り合いタクシー)
Fasten

SXSW2017の公式ライドシェア提供会社は「Fasten」。上記のサイトからプロモーションコードを使用すると、最初の乗車から$5割引されます。

各セッションでユニークなハッシュタグ

SXSWでは、全セッションにユニークなハッシュタグがセットされています。
耳で聞きながら、ハッシュタグでリアルタイムにTwitter検索をすることで、文字で理解を深めたり、参加するオーディエンスの意見を見ることができます

注目のセッションでは、有名なメディアの記者なども参加していることが多くセッションが終わった瞬間に、要約されたNoteがシェアされることもあるので要チェックです。

参加した/参加できなかったセッションのハッシュタグをメモしたり、有益なTweetをその場でFAVしておいたりすると、後で振り返るときにも便利です。

ビールが無料で飲めるスポット

お昼や夕方になると参加者同士の懇親や意見交換を目的に、様々な場所でビールが無料で振る舞われることがあります。公式ページでチェックしましょう。

頑張ってセッションに参加したあとはお酒も飲みたくなるものです。
以下の会場などは無料でビールが飲めるのでは?

 

 

Austin Convention Center, Ballroom F

 

事前の準備をしっかりして、充実したSXSWにしましょう!
Have fun!

※あくまで例年の傾向のためSXSW2017では異なるものもある可能性がある点ご了承ください。