アプリトレンド・レポートとは?
アプリの最新動向をウォッチし、今の時代に求められている企業アプリのトレンドを探る連載「アプリトレンド・レポート」。
IMJでアプリの企画制作を担当しているディレクター陣とBACKYARD編集部員で構成された調査チームが、日々リリースされる膨大な事例を調査し、注目の事例をピックアップ。最新のトレンド動向とともにレポートします。

①AIと直感的な操作で旅行プランを立てられる【8xplorer】

ここがポイント!
・InstagramやTinderといったトレンドを捉えた、感覚的UI/UX設計
AIでユーザーの好みを学習し、パーソナライズ化した旅行先を表示
・ここ行きたい!から交通経路の検索まで1つのアプリ内で完結。旅行プランまで気持ちが継続するユーザージャーニー 

AIがユーザーの好みに合わせた海外の絶景画像をおすすめしてくるので、それに対して好きか嫌いか答えていくことで旅行プランをたてるアプリ。
「ここ行きたい!」を刺激する厳選された写真、そしてシンプルなデザインと滑らかな動きで直感的な操作ができます。

現在地からの行き方、ベストシーズン、治安情報、飛行機手配までが一画面にまとまっており、高いモチベーションを維持したまま旅行計画が一気に行える、非常にユーザージャーニーが意識されていると感じたアプリです。 

>アプリの詳細をチェック 

②スマホカメラで肌計測という新しい健康管理!【FACE LOG】

ここがポイント!
・肌診断だけでなく、トータルに健康管理ができる
・継続利用でクーポンやアドバイスがもらえ、肌計測での健康管理を習慣化
・グラフなどもかっちりしすぎない、あえてのゆるめでやさしいデザインで見やすい

スマホのカメラで自分の肌を撮影すると、肌の状態を数値化してくれる「FACE LOG」。美容系の肌診断アプリは以前からありましたが、FACE LOGは健康管理を目的として作られているのが大きな違いだと思いました。

カメラの精度も高く、しみ・しわ・くま・毛穴の状態を数値化し、原因となる箇所を示してくれます。計測以外にコラムやクーポンもあるから、これなら私も続けられそう?! 

>アプリの詳細をチェック 

③道案内はAR活用がトレンド化?! Google マップ【ライブビュー】

ここがポイント!
道案内にAR機能を実装する流れがトレンド化してきている
安全面への配慮として歩きスマホ対策がしっかりされている
・Googleならではの精度の高さ 

最後は「Google マップ」にベータ版で搭載されている、ARナビゲーション機能をご紹介。
徒歩での経路を選択して「ライブビュー」ボタンをタップすると3Dで方向を示してくれます。道路に差し掛かると警告が現れるなど安全面への対策もされており、正に「確実に目的地へ導いてくれる」ツールへと進化を遂げている印象です。地図読めない系女子の筆者には実にありがたい。

現在は利用者フィードバックを活用してより精度をあげている段階と感じました。Googleが保有する膨大なデータも合わせ、これからもどんどん精度が上がっていきそうです! 

>アプリの詳細をチェック

AR機能を実装したほかのアプリも……【PinnAR】

トレンドとなりつつある地図アプリのAR機能ですが、PinnARという道案内アプリもGoogle マップと同じくAR機能を備えています。

観光客向けにホテルとタイアップを行ったり、利用者クーポンが用意されているなど盛んに商用活用されている印象。さらにピンの形をしたキャラクターが方向を示してくれる等、よりエンターテイメントに向いたUX/UI設計がされた地図アプリだと感じました。
これからの地図アプリにはARが必須!になっていきそうですね。

>アプリの詳細をチェック  

 

さて次号ではどんなアプリがリリースされるのでしょうか……!? アプリ調査チームでは引き続きウォッチを続けていきます!

 

 

※本記事で引用した動画や投稿は引用元が削除された場合、表示されない場合があります。 
※弊社でアプリ画面を撮影した動画について、掲載物に問題がある場合は権利者本人様より直接ご連絡をお願い致します。確認後、削除等の対応をさせていただきます。