消費税増税!その瞬間「イヤッッホォォオオォオウ」!?

消費税が10%になりました。軽減税率などまだまだよく分からない事の多い、混乱の10月になりそうですね……。

さて、日を戻して9月30日の増税前日のTwitterでの出来事についてです。
突如、「#イヤッッホォォオオォオウ」というタグがトレンド入りしました。

なんだこれは⁉
と、思った方も多いはずです。この元ネタは大人気カードゲーム「遊戯王」のキャラクターであるエド・フェニックスの得意技、航空機からのダイブの際に発する奇声だそうで、このセリフが診断メーカーによって生成され、つぶやかれたことがトレンドの発端のようです。 

診断メーカーから始まった #イヤッッホォォオオォオウ ですが、元ネタを知らないユーザーたちもこのタグに乗っかり、増税に関して言及するツイートを次々に投稿。

様々なユーザーを巻き込み、増税前日から初日はお祭り騒ぎになりました。 

おそらく「イヤッッホォォオオォオウ」とつぶやいていたユーザー達も決して増税に対して明るい印象を持って投稿したわけではなく、「テンション高くなくちゃやってられないよ!」という悲哀のようなものが感じ取れる投稿ばかりでした。

これは、令和改元の際や、バルス祭りのようなTwitter上の一体感を楽しむトレンドとして消費されたのではないでしょうか。


そしてこの触れにくく、扱いにくい増税トレンドに乗ったアイドルがいます。
そう、香取慎吾さんです。 10月1日0時ちょうどに事前告知なし、配信限定で『10%』という楽曲を配信して話題になりました。 

この投稿をInstagramで見る

" 10% " OUT NOW !! #香取慎吾 #ShingoKatori #10パーセント #10percent

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿 -

『10%』はアップテンポで軽快な、中毒性のあるメロディに耳を奪われます。
しかしメロディのみならず歌詞にも仕掛けがあり、歌詞には増税に関係する? とも思える内容や、言葉遊びが散りばめられており、「増税の事も他の事も、とりあえず楽しく考えていこう!」と香取慎吾さんに言われているような気分になれる楽曲ではないでしょうか。 

増税というセンシティブなトレンドにも果敢に乗っていくことで、結果的に好意的な反応が多く得られていました!
さすが香取慎吾さん、の一言に尽きると思います。 

2週間で10キロ痩せるダンスがTikTokで大流行!

夢のようなダンスがTikTokで大流行を見せているのをご存じでしょうか。 その名も「2週間で10キロ痩せるダンス」。

振り付けは簡単、軽く飛び跳ねながら右手で左足土踏まずをタッチ、左手で右足土踏まずをタッチ、これを交互にテンポよく行います。そう、これだけ。

実はこのダンス、もとは韓国で注目を集めたダンスなのです。その後、日本のTikTokで火が付き、今ではYouTubeでも賑わいを見せています。 


元ネタはこちら! 

想像以上にキレッキレ!
二人は韓国のダイエッターで、他にも様々なダンスをYoutubeで発信しています。 

そして、この「2週間で10キロ痩せるダンス」をTikTokで流行らせた火付け役がこの方、パスタさんです。 

ここからTikTokで「2週間で10キロ痩せるダンス」が流行り、Twitterでもその効果や意見が大量に寄せられました。 

そして今ではYoutuberのはじめしゃちょーまでもがこのダンスにトライ!
本当に2週間毎日踊っていました…

この夏、ダイエットに失敗した方「2週間で10キロ痩せるダンス」で楽しくダンシングエクササイズしてみてはいかがでしょうか? 

芸能人の動画コミュニケーションがスゴい!

本田翼、安達祐実。
この二人に共通していることが何かわかりますか?

かわいい?-確かにそうです。
女優?-確かにそれもそうです。
しかし、それ以外にもあります。

この二人、YouTubeにあげた動画が大変バズっています。
安達祐実さんは、美容誌「VOCE」の公式YouTubeチャンネルにセルフメイク動画をアップしました。
なんと300万再生回数オーバー! 

安達祐実さん、38歳…ですか……。

本田翼さんは、自身のゲーム実況チャンネル「ほんだのばいく」に近況報告の動画をアップしました。
ゲームに関する話をしているだけなのに、なんと本田翼さんの動画は現在再生数400万越え!(10/10現在)

ネット上ではこのような声が…… 

なお、本田翼さんのYouTubeチャンネル上では初の顔出し動画だったようです。
顔出しした“ばっさー” を超えられるゲーム実況者なんて、います? 


さて、このお二人のように今までYouTubeで拝むことのできなかった芸能人たちのプライベートに寄った姿が見られるようになり、ファンにとってはとても喜ばしい事です。
タレントと言えばかつては雲の上の存在でしたが、今回の2人のようにタレントが自身の持つ得意なことや好きなことといった個性を活かして、ファンと直接コミュニケーションをとるスタイルが増えてくるのではないでしょうか?!

今後はインフルエンサーのあり方が細分化されていき、このようなファンとのコミュニケーションを活用する企業が増えていくのかもしれませんね! 

 

気づけば2019年もあと少し。引き続きトレンドをウォッチしていきます! 

 

 

 

※本記事で引用した動画や投稿は引用元が削除された場合、表示されない場合があります。