ポッキー&プリッツの日がTikTokで進化! キャンペーン投稿数2万3600本超え

Twitterで企業アカウントの定番ネタとなっている、11月11日の「ポッキー&プリッツの日」。この日に合わせ、今年は江崎グリコがTikTokでキャンペーンを実施しました。

キャンペーンの内容は、「#ポッキー何本分体操」のタグをつけてTikTokに動画を投稿すると、「あなたの動画が渋谷の街頭ビジョンで放映されるカモ!?」というもの。TikTokのインフルエンサー、ねおさんなどを起用し、投稿数は2万3600本(※1)、累計再生回数は5000万回を超えました。

こちらはアイドルライブやモデルとして活動しているユーザーの投稿。

このように、アイドル、YouTuberの他、タレントとして知名度向上を目指す人の投稿が目立ちました。

大人だけでなく子供まで参戦! 保護者が管理するアカウントで子役の動画がちらほら投稿されていました。

このように、昨年までは企業アカウントからの仕掛けが中心だった「ポッキーの日」が、今年はTikTokでユーザー参加型に大変身。しかも、「渋谷の街頭ビジョンで放映されるかも」という特典が、TikTokを利用する若者ユーザーの有名になりたいというニーズを刺激し、影響力のあるアイドルやモデルが積極的に発信したくなるキャンペーンになっています。

そして、実際に渋谷の街頭ビジョンで動画が放映された様子がこちら。

 

このツイートを投稿したのは、キャンペーンのオリジナル曲を制作した、TikTokerでマルチクリエイターのあさぎーにょさん。リプライにはファンから「おめでとう」の声が多数届いています。

広告が毛嫌いされがちな昨今ですが、TikTok動画投稿へのリプライは投稿者を応援する好意的なコメントがほとんど。TikTokでのプロモーションが若者の間で浸透しているのを感じますね。

「モンスターハウス」のクロちゃんの行動が「新感覚ホラー」と話題に

人気バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』で放映中の恋愛リアリティショー「モンスターハウス」。その第3話で、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんの行動が奇怪すぎると話題になりました。

『テラスハウス』をまねたこの企画の見どころは、男女6人で共同生活するクロちゃんが、共演する女性に猛アプローチする様子。今回特に話題になったのは、それに伴う奇怪な行動です。自撮りのフリをして盗撮する、他人のグラスを舐め回すといったシーンが反響を呼び、Twitterでは「#クロちゃん」「#モンスターハウス」がトレンド入りしました。

こうしたクロちゃんの奇怪な行動に驚いた視聴者が、「キモい」、「すごい」など感想をリアルタイムで多数投稿しました。

予想外の展開に、もともとは恋愛リアリティショーだった「モンスターハウス」を「新感覚ホラー」と評した番組内での表現に共感が寄せられました。

多くの人が「キモい」とツイートしているにも関わらず、笑いとしてとらえているユーザーが多く、炎上というよりは「ぎりぎり面白いキモさ」になっているのがすごいところですね!

「#埼玉県民の日」がTwitterのトレンドに登場!

11月14日、Twitterのトレンドに「#埼玉県民の日」が登場しました。

トレンド入りに拍車をかけたのは、埼玉を盛大にディスる予告編が話題になった、2019年2月公開予定の映画『翔んで埼玉』公式アカウントの投稿。

埼玉県民によるニッチな豆知識の他、煽りネタや県外企業のツイートまでバズっているのが特徴的です。

WEBマンガの公式アカウントが、都道府県を擬人化した「埼玉さん」を使って埼玉県民の日に的確にツッコんでいます。

さらに、埼玉県民の日なのに、東京都・池袋のサンシャイン水族館も便乗!

このように、「#埼玉県民の日」をトレンド入りさせるべく、埼玉に関係のある人物や企業が便乗してツイートし、見事トレンド入りを果たしました。

 

来月はいよいよ平成最後の師走。
次回は2018年のSNSを振り返る特別号をお届けします!

 

 

参照元

※1「ポッキー&プリッツの日」キャンペーン、TikTok動画が2万3600本投稿に AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 2018.11.13 

https://www.advertimes.com/20181113/article280308/