今年、企業の年賀施策の主戦場はソーシャルメディアに移ったようで、One to Oneのコミュニケーションがシンプルに、かつ高い費用対効果で行える、LINEを使った施策が多く行われていました。

ただし、パワフルなソーシャルアカウントを持たない、かつ一般消費者にリーチする必要がないデジタル企画・制作会社に関しては、業界内でのバズを狙った、自社の企画/表現力・技術力がアピールできるWEBサイト上での年賀施策が引き続き主流です。

まずは企業のOne to One型年賀施策について見ていきましょう!

2017年、LINEを使った年賀施策

今年は人気のコミュニケーションツール、LINEを使った年賀施策が多く見られました。
 

楽天市場

楽天市場
楽天市場

2017年もかわいらしいお買いものパンダと共に福を運んでくれたのは、楽天市場。
トーク画面に表示された3つの番号から1つを選ぶと、今年の運勢が占えるというもの。年の初めには、1年の運勢を占いたくなりますよね。手軽に結果がわかるので、参加した方も多かったのではないでしょうか?

 

COACH
 

COACH

COACHは、公式キャラクターであるダイナソーのREXYが、誕生日を入力した人の2017年を占ってくれるサービスを提供していました。占いの後は、ファッションブランドらしくあなたに合うお財布を提案してくれるので、金運対策もバッチリです。占いと紐づけて、パーソナルな情報を元にお財布をレコメンドしてくれることで、自社製品を上手にアピールする施策でした。

 

フロムエー

フロムエー
フロムエー

国内最大級の利用者数を誇っているチャットボットのパン田一郎が、あなたの新年の抱負を書き初めにしてくれるという企画。もちろん名前もしっかり入れてくれます! 抱負を書くと身が引き締まりますね。ちなみに「#抱負を書いたらパン田一郎につっこまれる」のハッシュタグをつけてTwitterにつぶやくと、パン田一郎が画像で突っ込んでくれるというサービスも行っていたようです。2016年9月にAI技術を投入したパン田一郎ならではの施策でした。

多くの企業がLINEで年賀施策を行っていた中、当のLINE株式会社はどのようなサービスを行っていたか、見てみましょう。
 

LINE
 

LINE

LINE株式会社は、お年玉つき年賀スタンプを買うと、最大100万円が当たるお年玉袋をLINEでお友達に送信できるサービスを行いました。
その結果、三が日の間に2,449万個の“お年玉袋”が送信され、SNS上では多くのコメントによりTwitterの「トレンド」にも掲載されたそうです。やはりLINEの勢いはすごいですね… わたしも友人から頂きましたが、新年からちょっとワクワク&温かい気持ちになりました。

※参考LINE公式リリース:【LINE】「LINEのお年玉」キャンペーン実績を発表 2,449万個の“お年玉袋”が送信され、1,483万人が当選

2017年、デジタル企画・制作会社が生み出す年賀サイト

次に、自社をサイトでアピールするデジタル企画・制作会社はどのような動きを見せていたのでしょうか?

 

面白法人カヤック

“面白がる”を大事にしているWeb製作会社の面白法人カヤックは、年賀サイトもほかとは違う趣向が取られていました。
クライアント事業部からは、マネキンPLAYBACK2016という今、世界中で流行しているマネキンチャレンジで2016年に携わったサービスの紹介を行っています。
一つ一つの芸が細かいだけではなく、去年話題になったサービスにこんなに携わっていたのか!とカヤックの事業の幅広さにもダブルで驚く動画となっています。

 

スギタプリディア

(左:PCサイト 右:スマホサイト)

大阪を拠点に活動している課題解決型広告制作会社のスギタプリディアは、企画から、デザイン、印刷、納品までをワンストップサービスで手がける迅速かつ柔軟な広告会社。こちらの会社は、自社の年賀状を社内コンペで採択しています。成功者の裏には敗者がいますが、この年賀状も例外ではありません。数多くの笑えるボツ案に鋭いツッコミをいれるあたり、さすが大阪クオリティーと言えますね。

そして、弊社は……!

IMJ

今年の年賀状サイトは、「名前」がテーマ
名前を入力すると、その人にパーソナライズされた年賀サイトが現れます。
ご両親が、心を込めてつけてくれた名前。その名前の一文字、一文字を、感謝の気持ちを持って表現しました。いわば、自社アピールの面も兼ね備えながら、One to Oneも意識したハイブリッド型の年賀サイトといえます。

 

2017年の企業の年賀企画・サイトをご紹介させていただきましたが、楽しんでいただけたでしょうか?
本年も皆様に感謝の気持ちを込め精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!