登場人(?)物

地球人

筆者
(地球人)
 

サビデ星人

*{`+?>~&<$'
(サビデ星人)
 

 

貴様ごとき下級戦士が本など読んで今更どうしようと言うのだ。

 

 

 

戦士って何だよ。仮に戦士だとしたらそりゃ下級だわ。自信ある。
 

 

 

その本は貴様が自分で選んだのか。その貧弱な戦闘力で。

 

 

 

お前の星じゃ本選ぶのに戦闘力要るのかよ。物理的に本屋潰れるわ。この本は友人から勧められたんだよ。

 

 

 

ほう。貴様ごときにも友人がいやがるとはな。地球人にも物好きがいたものだ。

 

 

 

やかましいわ。俺の「友人いるかどうか問題」を蒸し返すんじゃないよ。
それはともかく、やっぱ信頼できる友人・知人のオススメに勝るもんはないからなー。

 

 

貴様はAmazonは使わんのか。
レビューも充実してるし、レコメンド機能も精密だろう。

 

 

 

うーん、ある程度の目星が付いてたりするときは良いんだけど、「何か良い本ないかな?」 とか「どっか新しいジャンルに手を出したいなー」とかって時は、Amazonだとちょっとキツいかな。

 

 

 

なるほど?
やはり貴様のような地球人が多いから、『一万円選書』が人気なわけだ。

 

 

 

なにそれ?
 

 

 

 

北海道にある『いわた書店』という、いわゆる「街の本屋」がやっていやがるサービスだ。店長である岩田という地球人が、希望者の情報に基づいて「自分じゃ出会わない、けど読むとハマりそうな本」を一万円分、無数の本の中から選び出しやがる。

 

 

超人かよ。
 

 

 

 

地球人にしてはかなりの戦闘力と言って良いだろう。
 

 

 

 

それが戦闘力なのかよ。
どんな戦い方してんだ、お前の星。

 

 

 

ただし希望者は、変わったアンケートに答えなければならない。
『カルテ』と呼ばれているが、まさに医者の問診票みたいなもんだ。

 

 

 

これか……うわっ、けっこう考えないと答えられない内容じゃん。大変だな。

 

 

 

  • 読書歴(今まで読んだ本とその評価)
  • 人生で大切にしていること
  • 人生で嬉しかったこと、苦しかったこと
  • 何歳の時の自分が好きか?
  • これだけはしないと決めていることは?
  • あなたにとって幸せとは?


 

しかも抽選だ。
抽選が行われるのも、年数回しかない。

 

 

 

狭き門にも程があるだろ。
 

 

 

 

にも関わらず、抽選の方法も、選書の判断基準も謎だ。

 

 

 

 

いいのかよそれで。
 

 

 

 

 

そこがこの『一万円選書』の良くできていやがるところだ。
狭き門だから渇望感が沸く、『カルテ』の回答に投資した労力を回収したくなる、選ばれる本が予測できないから期待が高まるーー。サービスデザインの肝の一つである、「ハマる仕掛け」が幾つも用意されていやがる。

 

 

岩田さんは、それを初めから設計してるってこと!?
 

 

 

 

そこは俺様でも直接聞いてみなければ分からんが、恐く違うだろうな。
むしろ岩田という地球人の戦闘力の高さはそこではなく、「本の難民」を発見し、レコメンドに替わるサービスを用意したところにある。

 

 

「本の難民」?

 

 

 

貴様も言っていただろう。レコメンドはイマイチだと。大多数の地球人にとって、本は、「自力で探検するには広すぎる世界」だということだ。
少なくとも本に限って言えば、レコメンドは、ある程度「自分で探検できる」、つまり「自分が求める本を、自分である程度見つけられる」猛者が恩恵を享受できるものなのだ。

 

 

「猛者」と「難民」か。

 

 

 

 

岩田という個人による「自分の"好み"の再発見」はレコメンドエンジンにはできない提供価値だろう。
難民からすれば、そんな「目利きによる自分だけの結果」は1万円の価値が十分あるということだ。

 

 

 

なるほど。
本探しにかかる時間と、外れを買ってしまうリスクを考えれば、確かに高くないかも。
 

 

 

さらに、「カルテを出す⇒自分に合った本が選ばれてくる」というのは、診断コンテンツにも似たエンタメ性がある。
仕組みの面白さがシェアを誘い、自然な口コミが生まれ、「ハズれがない」と話題になって高い信頼性にもつながっている。

 

 

本に関して、人が何に悩んでいるのか、どういう悩みを抱えた人が多いのか――。
それを考え抜いた結果
、多くの人に愛される、ハマる仕掛けが満載のサービスが生まれたと。
 

 

 

恐らくそういうことだ。
人間中心にデザインする、サービスデザインの本質だな。
おかげで貴様のような貧弱な戦闘力でも読書が楽しめる訳だ。感謝するがいい。

 

 

 

えーっと、「本の世界においては大多数が猛者じゃない」ということを重ねて言っておく。お前のためでも俺のためでもなく編集部のためにな!
 

 

「一万円選書」とは…

忙しくって本屋にいけない、最近同じような本ばかりで出会いが・・・、などなど読書難民のあなたの為に社長の岩田がお薦めの本を(だいたい)一万円分選んでお届けするというサービスです。(いわた書店HPより引用)
→サイトはこちら

 

(監修:太田 文明(オオタ ブンメイ) R&D室 マネージャー /リードストラテジスト HCD-Net認定 人間中心設計専門家 )